2016/10/12

2014年12月30日パフォーマンス報告・週間まとめ

pafo20141230週末のパフォーマンス報告です。 見て頂ければ分かるように、日本株の比率を急ブレーキかけてます。 二転三転してよっぽどのことがないのに動いちゃいました。大納会に動こうと思ってましたが、年明け再度動きます。 そのへんのゴチャゴチャした部分は、以下をご覧下さい。

スポンサーリンク

2014年12月30日

気になる指標

  • 日経平均 17,729円
  • ダウ平均 18,058ドル
  • ボベスパ指数 50,593ボベスパ
  • 米ドル/円 120.65円
  • 豪ドル/円 98.144円
  • 米国債10年物利回り 2.215%
  • 米国債30年物利回り 2.785%
  • 日本国債10年利回り 0.325%

エアアジア機墜落懸念報道やエボラ出血熱感染懸念報道が出ましたが、29日の日経平均は少し下落したのみに留まってます。 前述した通り、29日に大きく動きました。30日の大納会でも良かったのですが、誤発注等あるといけないので29日に処理しました。

処理と書いている通り、日本株内の先週買った銘柄(FPG)なのですが、1,000株寄付きで売却。 この銘柄これから期待持てる銘柄なのですが、入るタイミングが遅すぎたように感じたので売却しました。

ROE・PEGレシオ的には良好な指標を叩き出しそうですが、相場が逆回転しだすとビジネスモデル的に危険と判断しました。 優待分くらい残そうかと思いましたが、バッサリいきました。 少額だけ利確できたのですが、来年度景気がこのままなら急浮上するんじゃないかとみています。

そういうわけで、年度末で2銘柄保有となりました。 売却分にて外貨MMFを追加購入する予定なのですが、受け渡しの絡みもあるので年明けとなります。

日銀異次元緩和による日本国債の金利低下

私の今年一番インパクトあったニュースです。 これちょっと死活問題なんです。長期的に住宅ローン金利に直結します。

日本株的にはカンフル剤の意味合いも強かったのですが、反動が怖いです。 何でも行き過ぎると反動がきます。金利の急騰です。素人目に見てもこんだけ国債刷って、お金生み出すのは大丈夫なのか?という水準にきてます。

日本国内で消化できている(先物とかもあるのですが)とは言っても金額が1,000兆です。 景気振興を優先させて、歳出削減は後回しな政府… 怖い怖いと言っても何も起こらないかもしれません。来年も平穏無事に過ごしたいです。

日本破綻論者から学ぶ 3つのポイントと1つの対処法 | お金らいふ

 

  行き過ぎな言い方もありますが、読み物として面白いですよ。 年末年始にどうぞ。 本年も残す所、後2日。大掃除の関係でこれが本年最後の更新かもしれません。 みなさん良いお年を。

今週一週間記事振り返り

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー