2016/04/21

全自動で1パーセントOFF!P-oneカード導入しました

Visa

今までメインクレジットカードは、リクルートカードプラスとREXカードのツートップ戦略を採用していました。

お得度MAXを考えて採用していた戦略なのですが、実際運用してみると不都合な点が出てきてしまいました。

「これではダメだ・・・」と一念発起。

再度メインカードツートップの再選定を行いました。結果、REXカードからP1カードへの移行しました。何故移行するのか?移行過程もご報告します。

※現在P1カード使用しておりません。最新保有状況は、以下のリンク参照下さい。

参考最新のクレジットカード保有状況

スポンサーリンク

REXカードとの決別

REXカードはジャックス系のカードで、ポイント還元率1.75%の高還元カードです。ポイント自体もキャッシュバックという形が取れる数少ないカードで、大変重宝していました。

が!2点ほどどうしても気に入らない点があります。

1点目は、『明細データが出てくるのが遅い』です。

費用発生が1ヶ月ズレるので、非常にお金管理がしづらくなります。クラウド家計簿マネーフォワードに手入力費用を発生させていましたが、非常に面倒くさい作業です。

2点目は、『まとまったポイントが貯まらないとポイント交換できない』です。

Jデポというキャッシュバックの仕組みがありますが、3500ポイントからです。20万程度使わないとポイント使えません。反映遅い・ポイント使いづらいと2重苦なクレカです。

その結果、メインカードとして使用に耐えかねたので交代させました。P-oneカードです。 

P-oneカードへの移行

P-oneカードは、ポケットカード株式会社が扱っているクレジットカードです。ポイント付いたり、特典色々ついたりとお得感満載なカードだったみたいですが、改悪されたみたいです。

今回改悪分差し引いても使えるなと判断して採用しました。メリット・デメリットは以下の通りです。

P-oneカードのメリット

『シンプルイズベスト』という言葉が大好きなのですが、このカード文字通りシンプルなカードです。請求合計額に対して常に1%引きになります。

電気・ガス・水道といった光熱費から、ケータイ代・新聞代といった毎月掛かる費用も全て1%引きです。全てといっても一部対象外の支払項目があります。

サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカードのご利用分、キャッシングご利用分「1%OFF特典」対象外となります。

公式サイト引用

公式からの引用になりますが、この中で気をつけたい項目としては『電子マネーチャージ、生損保等の各種保険料、ETCカードのご利用分』の3点です。

電子マネーチャージ不可ということで有名なnanakoチャージポイント付加は使用不能ですし、保険料支払い・ETCカードもダメです。

私の場合はもう一枚のメインカード『リクルートカードプラス』で支払っています。この2枚のカード相互互換しやすくなっているので、非常に使い勝手がいいです。

P-oneカードのデメリット

・ETC、家族カード有料

家族カード・ETCカードそれぞれ以下の通り有料になっています。

家族カード・・・初年度無料、次年度より年間200円(税抜き)

ETCカード・・・新規発行1,000円、年会費1,000円

結論から言うと、どちらも回避可能です。家族カードに関しては、審査さえ通れば2人分作れば済むことですし、ETCカードも無理に作る必要ないです。

他のクレジットカード会社で、年会費無料の所で作った方が断然お得です。リクルートカードプラスなら、ETCカード自体は無料です。

P-one導入後のメインカード 基本スペック

 リクルートカードプラスP-oneカード
ポイントバック率・方式2%リクルートポイント1%オールキャッシュバック
年会費2,000円無料
使用ブランドJCBVIZA
固定費使用項目電子マネーチャージ、ETC、保険料リクルートカードプラス以外

どうしてもVISAブランドが必要な家庭環境なので、P-oneカードでVISAが選べたのは非常に助かっています。

固定費項目もP-oneカードの対象外『電子マネーチャージ、生損保等の各種保険料、ETCカードのご利用分』をしっかりカバーできています。

リクルートカードプラスは、年会費負けしなければ非常に優秀なカードなので、メイン使いにはピッタリです。改悪があったため、メイン使いから外しました。

まとめ

REXカードからP-oneカードへのメインクレカ移行をしました。ALL1%キャッシュバックは非常に魅力的です。

REXとポイント分で比較するとポイントダウンですが、目に見えない部分(年会費無料条件無し・マネーフォワードとの連携)での貢献に期待しています。

P-one・リクルートカードプラスというツートップで世間の荒波を乗り越えていきます!

※2016年4月現在両カード共使用しておりません。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー