2016/06/29

学校では教わらないお金の授業からお金儲けの基礎を学びました

お金の稼ぎ方

お金貯めませんか? ダイレクトで申し訳ないですが、読むだけでお金の考え方・貯め方がわかります。お金・お金というのが嫌な方もサラッと読んで頂ければ、世の中のお金の亡者(主に金融業者)にお金を取られなくてすみます。

本著「学校では教えてくれないお金の授業 山崎元著」は、読むだけでお金の基本的な貯め方がわかるようになります。特に今からの若い世代(10〜30代)には、是非読んで欲しい本です。

スポンサーリンク

そもそも何故お金の授業が学校でないのか?

お金の話ばかりで申し訳ないのですがと前置きばかりしていますが、お金って世間でどうも不浄な物と考えられている傾向が多いです。お金儲けはダメ。お金持ちは。逆に清貧は、

清くコツコツと働いて、定年退職をして、退職金を貰って田舎帰って慎ましやかに過ごす。 理想ですね。はっきり言います。もう若い世代にはこのような事は夢物語です。

低賃金で働かされる。サービス残業。あげくは使い捨てのようなリストラ。 世の中の流れだからと一言で済まされる。

リタイア世代は悠々自適。若い世代にとっては、理不尽ですよね?悔しいですよね? 私は悔しいです。ただし、若い世代にもはあります。いまだ働き続けていれば何とかなる!という方多くないですか?働けど働けどお金は貯まらない。

言ってはダメですが、当たり前です。お金の考え方・貯め方を知らないからです。 学校でお金の授業しましたか?してないですよね。それがいいのか悪いのかは置いておきます。

お金の話題を避け、お金と向き合うことから目を背けてしまうと、必要な知識のないまま、お金について無防備な状態で世の中にさらされてしまう危険性があります。

P.39

お金無意識に避けていませんか?私は常にお金を意識しています。

昔、バラエティで芸能人お金持ち特集をやっていたのを見ていました。その番組に船越英一郎の奥さん「松居一代」さんが出ていました。この方の面白い所は、お金を「お金ちゃん」と呼ぶ所にあります。お金はお調子者だとも言っています。

松居一代に学ぶ!”お金ちゃん”を可愛がって増やす方法 – NAVER まとめ

 お金に感謝する。言うは易し、行うは難し。 脱線しましたが、多くの方はこれの逆やってませんか。もう少しお金の考え方・貯め方見直しませんか?

お金儲けの基本的考え

まず以下の用語をご存知かチェックして下さい。

  • 人的資本
  • 天引き貯蓄
  • リボルビング払い
  • MRF
  • 不動産の割引現在価値
  • 投資収益率
  • リスクへの標準偏差の考え方
  • PER
  • 配当利回り
  • ドルコスト平均法と等株投資
  • アクティブファンドとインデックスファンド
  • 確定給付年金と確定拠出年金
  • 外国為替の仕組み
  • 付加保険料

この辺を分かっているよという方は、読む時間がもったいないと思います。 2つか3分からないくらいであればいいのですが、5つ以上とかであれば読んでも損はないと断言できます。

こういった考えは、お金と付き合うための基礎的知識で「得をしないかもしれませんが、知らないと損」をします。 恥ずかしながら、私は4つほどチェックつきました。

お金の運用は、二の次三の次でもいい単純な理由

理由

お金の運用は、損をするのが怖くてできません!という方もいるかもしれません。 そういう方は少額でもいいんです。 一般的なサラリーマンが資産運用した場合、国内外の株式の投資した場合年間期待収益率はどれくらいか想像できますか。

機関投資家(ヘッジファンド・年金基金等)の運用計画書を見たとしても、国内外の株式に対して期待できる収益率は年間約6%程度と算出しています。

P148

一般的なサラリーマンが運用できる額としては、大体100〜300万程度ではないかと考えています。

6%として考えると6万〜30万程度の運用益(税別)となります。

これだけの運用益では、食べていけません!これが、単純な理由です。

注:今はアベノミクス相場もあって、これ以上稼いでいるという個人投資家も多いはずです。

ただし、相場はきまぐれです。今調子が良くても長期で考えると、それくらいに落ち着くのではないでしょうか。200%以上の収益になったり▲200%以上の損失となられる方もいまし、見てきました。あくまで機関投資家の期待収益率です。

経済的に豊かになる6つの要素

投資でそんな収益じゃお金持ちになれないよ。という方多いと思います。 投資は副次的な物で収入のエンジンを増やすためと考えて下さい。

一般的なサラリーマンであれば、収入の多寡がどうしたってメインとなります。 年収300万の方と600万の方では、明らかに後者の方が同じように貯めるのであれば有利です。

現在収入が少ないって方も色々と手はあるはずです。 ブログを書いてグーグルadsenseで収益を上げたり、副業でバイトをしたり、足掻いてみましょう! それと同じくらい重要なのが、支出のコントロールです。

この2つでほぼ7割は決まるといって過言ではないと思います。 収入ー支出=貯蓄だからです。

  1. 稼ぎの多寡
  2. 支出・貯蓄の習慣
  3. 不動産(マイホーム)
  4. 生命保険
  5. 自家用車
  6. お金の運用の巧拙

P.147

後の4つも重要ですが、3〜5に関しては極論すると2の支出に帰結します。ここを1と2をコントロールできるかいかんによって、経済的に豊かになれるかは決まります。

まとめ

まとめ

お金・お金とずーっと喋ってきましたが、お金儲けの基本的な考え経済的に豊かになる6つの要素はこれからのお金との長い付き合いで必要となります。 本書だけで投資始めようとかはダメですよ。他にも何冊か読んでみて下さい。

あ!これ分かりやすい!株の世界を一通り習える本 | たろのひび

 最後にお金は大事だよ〜♪という宣伝がありましたが、お金は大事です。ただし、お金だけでは幸せになれません。

私たち現代人が「幸せ」を感じるためには、健康、知識、人間関係、さらに経済力それぞれが必要なのでしょう。

P.33

いい事言うね!山崎元。

お金の勉強したい方。一度手にとって読んでみて下さい!

おしまい

 

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー