2016/06/07

エキスポシティNIFREL(ニフレル)レビュー

エキスポシティ看板

前々から行きたかったエキスポシティ

半年前に開業していたのですが、人で一杯だろうなと敬遠しておりました。

今回実際に行ってみたら混雑も少しは緩和されていたので、二の足を踏んでいる近畿圏在住の方であれば、狙い目スポットになってきたかもしれません。

まあ、、、それでも混んでいるって言ったら混んでいるんですけどね。

行ってみて思ったのは、独身者・カップル・親子連れ・三世代家族と幅広い層に受け入れられている施設でした。

ららぽーと、NIFREL(ニフレル)、109シネマ等々色々あるので当然でしょう。

そう言えば三井系ららぽーとが入っているんで、各店舗で買い物した場合、三井アウトレットカードにポイント付けられます。

ポイントカード気分で保有しているクレジットカードですが、年会費無料で500ポイント到達時に500円分値引きしてくれるので保有していても損はないカードです。

と宣伝しておいて、エキスポシティ内NIFREL(ニフレル)中心にレビューします。 

スポンサーリンク

アクセス・駐車場

エキスポ路線図

参照:エキスポシティHP

エキスポシティへのアクセスは主に2つ。車orモノレールかです。

2つなんですが、モノレールを断然おすすめします。

車を使用した場合、中国自動車沿いの一般道を走ることになりますが、土日は確実に渋滞します。

後、市立吹田サッカースタジアムサッカー開催日の開催時刻前に車入庫される方は、注意が必要です。

『駐車場ゼロシステム』という仕組みを導入していて、何もしない場合駐車場料金+6,000円の特別駐車料金がかかります。

解除するには、試合時間中にエキスポシティ内最寄りのゼロシステム端末で解除or商品を購入するかで解除されます。

平日夕方でも吹田方面にかけて長い渋滞をよく見ますが、休日も車にしか積めない商品を買わない場合、辞めておいた方が無難です。

電車の場合、沿線を良く知っている方であれば最短経路を選択しましょう。

全然知らん!という方は、御堂筋線梅田発千里中央下車or阪急京都線梅田発南茨木下車後モノレールが分かりやすく無難です。 

エキスポシティ各種店舗

109シネマ

109シネマズは、東急グループの映画館が入っています。東急なので、主に関東を中心に展開しているシネマグループです。

内部は、11のシアターがあるシネマコンプレックス(複合映画館)になっています。11は多いですね。

映画鑑賞者は、駐車場3時間無料となります。

イングリッシュ・ビレッジ

10年連続オリコン顧客満足度No.1英会話レッスン教室イングリッシュ・ビレッジがあります。

ネイティブマンツーマンレッスンなのに、2,100円/40分という低価格で授業を行っています。

スクール系ならかなり安い部類じゃないでしょうか?近かったら体験行くんだけどなぁ。 

実物ガンダム

ガンダムとシャア専用っぽい赤いザクが展示されていました。

実寸大はもう少しあるのかもしれませんが、かなりの巨体ぶり。人だかりが出来て、写真みんなパシャパシャしていました。

Orbi

五感で体験する大自然ミュージアムオービィ大阪です。

横浜にもあるみたいですが、見たり・触ったり・体感したりと色々なアトラクションがあるみたいです。

空いていたら入りたかったんですが、長い行列だったので今回は断念。 

ANIPO

ANIPO

エキスポシティ内にあるミニ遊園地ANIPOです。4つのアトラクションがありますが、全て有料です。

エアドームポンプヨン

エアドームポンプヨン

エアドーム内で跳びはねる施設

魔法の水鉄砲パシャプシュ

まほうの水てっぽう_パシャプシュ

乗り物に乗って的目掛けて水を打つ施設 

空飛ぶ自転車スイスイ

空飛ぶ自転車_スイスイ

空中に浮いて回る自転車 

ミニ汽車ポッポ

汽車

上に乗って2周するミニSL

料金は300円からと遊園地価格です。休日は小さい子連れで行列必死です。

ちなみにミニSLは、乗るのに15分程度待ちました。

幼児はこういう誘惑に弱いので、行きたくない方は早足or抱っこして行き過ぎましょう!

生きているミュージアム ニフレル

ニフレル

今回の目玉ニフレルです。

水族館と判断すればいいんでしょうが、中にはホワイトタイガーもいたので、少し動物園的な意味合いもある複合施設です。

海遊館が運営しているみたいですが、海遊館の出先機関的意味あいが強い施設です。

「感性にあふれる」をテーマに体験を重視しています。

実際に魚に触れる機会は、ドクターフィッシュくらいですが、色・匂いを中心に7つのゾーンでそれぞれの生き物達が見られます。

今回は、いくつかのゾーンをご紹介します。

いろにふれる

いろ 看板

入館して最初の色にふれるをイメージしたゾーンです。色トリドリの魚達がお迎えしてくれます。

色魚1

魚や海老達がいました。写真は赤えび。

色魚2

黄色い魚が暗所に映えて、非常に綺麗でした。

WONDER MOMENTS

WONDER_MOMENTS全体

ディスコにあったミラーボールを思い浮かべてもらうと分かりやすいのですが、ミラーボール知らない方おおいかな。

光のシャワーが2Fに設置されている球体から出てきて、綺麗な映像が楽しめるというものです。

球体

綺麗な球体で、1F2F両方から楽しめます。子供は大はしゃぎでした。

大人は暗い中、我が子を見とかないとダメなので疲れますよ。

カップルにはもってこいの場所です。あの雰囲気ならキスできますね。いいですねウラヤマしい・・・

みずべにふれる

みずべ 看板

「みずべ」に潜む生き物を取り上げているゾーンです。

ワニ

みずべの代表的な生き物ワニ。アップで撮影してみたんですが、綺麗に撮れました。

あの歯で噛みつかれたらひとたまりもないですね。

ホワイトタイガー上

ホワイトタイガーもいました。

みずべ=ホワイトタイガーというイメージがつきづらいですが、よく水の中を泳いだりしているみたいです。

人が一杯で良い写真がなく、後ろ姿ですいませんorz

亀

大きな亀もいました。背中に乗れそうなくらいで、子供も「大きな亀さん♪」とはしゃいでいました。 

EATEATEAT

EATEATEAT

「みずべにふれる」エリアに隣接しているイートインコーナー『EATEATEAT』

ピクニック気分がコンセプトみたいです。

行った当日も混んでいたのですが、タイミング良く席を確保できたのでここで昼食にしました。

動物達が見ている中の食事というのも、ある意味新鮮ですね。

 

つくねバーガーセット サンドセット

つくねバーガーに付いている唐揚げは、単品で注文しました。

味は美味しかったですが、値段はそれなりです。セットにしたというのもありますが、一人単価1,000円以上とられました。

食べる水

傍に食べる水というゼリーも販売していたので、1つ試食。

つまようじで小さい風船を割ると、中から甘いゼリーがでてきます。

250円が適正値なのかは分かりません。観光地価格も加味されている気がします。

うごきにふれるゾーン

動物たちの住んでいる場所に、人間がお邪魔するという一風変わったゾーンです。

ペリカン

中に入ると目の前をペリカンが飛んだり、

ふくろう

ふくろうが止まっていたり、

ペンギン

ペンギンが泳いでいたりします。

ペリカンが目の前の小川を飛ぶシーンは、かなり待たないとお目にかかれないレア映像でした。撮影できてない・・・

まとめ

開業半年経ってからの初エキスポシティでしたが、非常に楽しめました。

NIFREL(ニフレル)を中心に回ったのですが、ららぽーと・ポケモン・映画館・食事といった休日に楽しむものをコレでもか!と詰め込んだ巨大施設でした。

再度訪問して、他も楽しんでみます。

最後にニフレルカップルにマジおすすめ。WONDER MOMENTSは、キスできるよ!野郎の勇気次第ですけどね。