2015/11/08

スマホネット広告を外せる方法教えます

sumao

本日は、「200円20秒あれば瞬殺で鬱陶しいネット広告を外せる方法教えます」という話しをしたいと思います。ネット広告って結構鬱陶しい時ありますよね?

APPストア系の広告なんて特に踏んでしまうとAPPストアに飛ばされてイラッとくる時が多いです。広告っていうのがあるから有益な情報もあるのですが、読者側にはあまり関係ない話ですよね。

読者側としてはやっぱいらないよねーという広告を20秒で外せる方法をご紹介します。

ブログやってる者としては教えたくないんですけどね。

スポンサーリンク

前提条件+アプリ概要

前提条件が1つあります。WIFI接続環境でないと不可です。

やり方は簡単。広告ブロックアプリWeblock – AdBlock for iOS をダウンロードして設定するだけです。本アプリは、広告ネットワーク関係のIPアドレスを自動でブロックしてくれる優れものです。

この広告ブロックアプリは、いつも利用するWiFiネットワークのプロキシサーバーを指定のURLに設定して利用します。

なので、WIFI接続環境でないと使用不可なのです。

そのため、WIFI環境使えない!携帯会社のモバイルネットワークのみしか使用しない方には、意味がありません。逆に普段WIFI環境しか使わない方には、素晴らしいアプリです。  

アプリ20秒設定方法

まず、APPストアからWeblock – AdBlock for iOS をダウンロードしてきて下さい。

ダウンロードした後、アプリを開くと以下の画面が出てきます。左上の「三」をクリックすると、項目が出てきますので「Setup」をクリック。 IMG_1344 すると、httpから始まるURLがありますのでコピー。次にiPhoneの「設定」から「Wi-Fi」へ移り、HTTPプロキシを「自動」へ変更しURL欄に、コピーしたURLを張り付けます。   IMG_1347 ブロック設定自体は初期設定自体でかなりの数の広告がブロックされていますので、追加する必要はないと判断しました。アプリ導入して設定して終わりです。後は、全自動でブロックしてくれます。   IMG_1351 自分のブログの広告が消えましたね

うーん何か切ないような感じしますが、仕方ないですね。  

最後に留意点

まとめでこんな便利なアプリがありますって締めたいのですが、1つ留意点があります。

本アプリですが、プロキシーサーバーを介するのでSSL認証系の重要な決済(クレジット・証券取引)等のパスワードチラ見されてるんじゃないかと、チョット怖くてアイフォンには使ってません

IT系の知識が疎いので、他所のサーバを介するという行為にどうしてもそう感じてしまうのですが、この辺分かる方教えて欲しいです。

私はそういう決済をしないiPadに導入してます。

参考:悪質な「公開プロキシー」に注意、パスワードなどを盗まれる恐れあり

APPストアの審査通ってるんで大丈夫だとは思いますよ。

ただ100パーセント信じれないので、iphoneには導入見合わせてます。

その辺大丈夫って知識ある方は、Weblock – AdBlock for iOSオススメします。

Weblock – AdBlock for iOS カテゴリ: ユーティリティ 現在の価格: ¥200

おしまい