2015/11/08

住宅ローン保証料 実際の金額・算出方法・返済方式等教えます。

jyuutaku

以前に固定費削減のため住宅ローンに手をつけた話をしました。

参考:空前絶後の住宅ローン低金利時代 住宅ローン借り換えを実施してみたよ!

住宅ローン戻り保証料については概算値しかいれてなかったのですが、半月ほどして保証料返戻通知がきました。

借り換えの場合、出て行く金額も馬鹿になりませんが、返ってくる金額も馬鹿にならない金額が帰ってきました。併せて最終損益が確定したので、併せてご報告します。

現在借入・借り換え考えている方で保証料気になるって方、参考にして下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン保証料について

そもそも住宅ローン保証料って何なんでしょうか?住宅ローンを借りる際は個人で借入れます。

金額が大きいことや返済期間がとても長いので、連帯保証人の代わりに信用保証会社の保証(信用保証)をつけることを最低条件としています。

連帯保証会社については、住宅ローン借入先によって変わってきますが、私の場合は三菱東京UFJであったのでUFJ系列の保証会社でした。

海外なら保証会社を変更できますが、日本では銀行指定から変えられません。この辺何とかして欲しいです。

住宅ローンを借りる場合(フラット35を除く)は、ほぼ保証料必須ですので借りる前に勉強しておきましょう。

保証料算出方法と返済方式

保証料ってどうやって決まるの?保証料は「ローンの借入年数」と「ローン残高」で決まります。と言いたいところですが、引受ローン保証会社の引受リスクや保証会社の収入部分を付加して決定しています。

ちなみに保証料はメガバンク等の大手金融機関の場合、35年ローン約3000万で概ね40万円前後が相場です。私の場合で45万円程度でした。

またメガバンクの場合、繰り上げ返済を行う際、保障会社に手数料を支払わなければいけないケースもあるので注意が必要です。

返済方式は2通りです。

金利上乗せ方式

:お借入利率を年○%上乗せ(各金融機関により異なる 大体0.2%程度)

一括前払い方式

:お借入時に一括して支払い

借り換えを考慮に入れなければ、一括前払い方式の方がお得感があります。借り換えも考慮に入れると、金利上乗せ方式を選択する手もあります。私は一括前払い方式を選択してました.

住宅ローン保証料がない金融機関

finance

できればかけたくない保証料。そんなあなたに保証料0の代表的な金融期間をご紹介します。

・新生銀行

・ソニー銀行

・住信SBIネット銀行

・イオン銀行

まぁ保証料0ってのは裏があって、それ以外の手数料が高かったり、住宅ローン金利本体に上乗せされていたりといった部分もあります。

そういう事を承知の上で、借入・借り換えしましょう。私の場合は、上記の金融機関を金利・手数料等比較検討しながら借り換え検討していました。

が、結局新生銀行しかできなかったといったオチでした。オチの詳細は以下の記事に載せています。

参考:住宅ローン借り換えで200万節約に成功しました。借り換え費用から全て公開してみます。

実際帰ってきた保証料と最終損益

最終的に帰ってきた保証料は、3年目で約40万円です。

経過年数が少ないので多めに戻ってきたのだと思うのですが、経過年数が多いほど減少係数が大きくなり戻り保証料はグッと落ち込みます。

ホントは借り換えも視野に入れて、金利上乗せ方式で借入れしていればもう少し得したんですが結果論です。

私の場合新生銀行で借り換えたので、保証料0のため返戻分の保証料は全て収益計上でき、借り換え費用をある程度緩和してくれる効果がありました。

借入・借り換え検討の対象には入れておきたい銀行ですね。

最終確定損益には、返還保証料が増えたので200万です。借換え諸費用についてはほぼ±0です。

中身詳細については、こちらの記事にまとめています。

まとめ

住宅ローンを借りる・借り換えるどちらにとっても保証料は重要な要因です。

私は借り入れる際に仕組みがよく分からなかったので、右から左に契約してました。

最近は保証料なしの銀行も色々あったり、保証料がそもそも発生しないフラット35という手もあります。

金利・保証料等総合的に判断して一番いい借入・借り換え先から借りましょう。

ただ、一つ一つの金融期間で借入申請するのは面倒です。

そんな面倒くさいを解消するのが住宅ローン一括審査申込です。

複数の金融期間の審査を並行で受けれるので、落ちてから再度別金融期間へというタイムラグが発生しません。

jyuutaku1

住宅ローン一括申し込み詳細はこちら

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー