2015/11/08

インデックス積立銘柄・金額変更しました。性根入れて頑張ります。

日本株・海外株共に絶好調な今日この頃ですが、インデックス投資の積立見直しを行いました。銘柄の大幅な変更です。

少し増額方向なので、できたら景気悪い時にやりたかったのですが、色々考えてみて今月から手をつけることにしました。

スポンサーリンク

将来的なポートフォリオの設定検証

インデックス積立銘柄を変更するにあたって、将来的に自分はどうしたいのか?を再度この1ヶ月間考えました。どうするの部分はポートフォリオ(以下PF)の再設定です。

毎週毎週PFを公開していますが、どう考えても日本株偏重は疑いの余地はありません。

今までもインデックス積立もどきはやってきたのですが、日本個別株ばかり目がいって半分以上放ったらかし状態でした。

始めた時期(震災前後)が良かったのでイケイケドンドン日本株でいけたのですが、そろそろPFの構成を考えないといけない時期かなと感じ始めた次第です。 現在のPFはこちらです。 pafo20150308 目標PF これを以下のようなPFへ3年かけて修正していく予定です。 risou 凸凹したPFですが、バックデータで格闘した結果です。

(苦笑) 日本株をかなり減らすか、3年後のPF総額を大きくする(積立金額増)どちらかでしか本PFには持っていけません。

日本株相場好調時なので減額しやすいのですが、あまりに急激に抑えると置いてけぼりくらいそうなので躊躇しがちになっています。

3月頭までに整理できる部分は整理したので、チョットこの部分は棚置き状態です。ある程度暴落きたらそれなりの数字になるんじゃないか半分と暴騰して利確したい半分です。

※日本株に関しては個別株方針を取っていて、これは見直し後も変わらずでいこうと考えています。 資産配分ツールでポートフォリオを確認した所、以下のような結果となりました。 『myINDEX_資産配分ツール』 日本債券(マネックス債)少額・株式に6割突っ込んだらこんなもんかと冷静に見ております。日本国債をPFに組み込もうと色々分析したりして検討していたのですが、現状は入れないと方針づけました。

国債購入するメリット・デメリットをまとめました | お金らいふ

インデックス積立銘柄・金額変更

インデックス積立銘柄・金額を変更しています。

今年に入って、過去のインデックス積立分を整理売却・新規でインデックス銘柄を購入しております。

モーニングスターの「主要インデックスファンドシリーズ、信託報酬等・信託財産留保額の一覧」から信託報酬・信託財産留保額の安いものを選んでみました。

性根入れて積立てするなら、少しでも手数料・諸経費安い方がいいですからね。 積立銘柄・金額は以下の表の通りです。 スクリーンショット_2015_03_01_12_47 先進国・新興国株式・リートのみです。

外国債券に関しては、現状保有している分で一旦ストップ売却方向。金・コモディティの類は見送っています。理由は積立金額が少額なので、分散させても仕方ないのと見送り半分です。

株式に関しては、イケイケモードなので数年単位でみると、どこかで調整(暴落)する場面がくると想定しています。

調整した際に増額できるように控えめに積立額を算出しました。四半期に1回積立金額の見直しを行いながら、目標PFへもっていきたいと考えています。

終わりに

インデックス投資を行う場合は、無理なく・できる範囲で・淡々と積立てるといったアクティブ投資とはまた違った側面がありますね。

PF作りをあぁでもないこぉでもないと、最近2ヶ月間弄り回していたのが面白かったです。最初に決めた範囲をあまり逸脱せずに淡々と積立ていきます。

日本株を棚上げにしているのがプラスと出るかマイナスと出るか・・・ 

楽しみなような怖いような気分です。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー