2015/11/08

保険見直しで固定費削減に成功!無駄な保険の一掃方法

yotuba おはようございます。たろです。   本日は、お金を語る上で切っても切り離させない固定費(保険)の話をします。

私もそうですが毎月の固定費をいかに低く抑えるか、30代でお金を真剣に活用しようとしている家庭では四苦八苦してらっしゃるはずです。

三大固定費といえば住宅ローン・保険・教育(車があれば車も)です。住宅ローンについては、最近見直しました。

参考:住宅ローン借り換えで200万節約に成功しました。借り換え費用から全て公開してみます。

次は保険だということで、再度自分で保険見直しをしてみました。 見直すといかに無駄なことをしていたか思い知らされました。  

スポンサーリンク

我が家の保険内容

nayamu 我が家は保険一家ですと言っても過言ではないくらい保険掛けていました。

参考:絶対にやらない方がいい3つのお金失敗談

保険の大幅ダイエットに成功したのですが、最近まだできるんじゃないかと保険一覧表を作成して再度見直しました。

保険一覧表といっても簡単なエクセルのフォーマットで以下のような表です。   hoken itiran   保険会社からの証券を転記するだけで保険一覧表が作成できるので、1回は作った方がいいです。 結果はというと、年14,000円節約できちゃいました。  

年14,000円の内訳

odoroki 保険一覧表を作って愕然としたのが、個人賠償保険絡みで3つも保険入っていたという事実です。どれか1つに入る必要はあったのですが、3つは馬鹿じゃないの?って思われますよね。

私も思いましたが、3つはやり過ぎですが2つはありえるんです。

何故ありえるか?入っていた賠償責任保険の一覧が以下の表です。

1つ目はブログでもご紹介した楽天カードを使った1コイン賠償責任保険

参考:自転車賠償責任保険が500円 保険切り替えで安さを実感した話

これ入ってなかったら一番最低金額の賠償責任保険です。

2つ目は、重複見落とし保険。

3つ目は、火災・地震保険です。

火災・地震保険と賠償責任保険??って思われませんでした? そうなんです!火災・地震保険の特約に賠償責任保険がついていたんです。見落としている私も悪いのですが、チョコチョコって隅の方に書かれているんですよ。

車関連保険にはよく賠償責任保険特約って付いているというのは聞いていたのですが、火災・地震保険についているとは知りませんでした。

結局、楽天とAIGの賠償責任保険を解約して年合計14,000円を節約しました。今回見直して見落としを見つけれたのはラッキーでした。  

まとめ

保険って色々入っていると、どういう保険に入っていたか分からなくなりがちです。

一度は一覧表にまとめて自分で眺めてみると、案外固定費節約できたりしちゃいます。

一覧表にまとめておけば、家族に何かあった時に対応もし易いです。

一覧表便利なので是非作ってみて下さい。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー