2016/05/19

30代メンズスポーツフィットネスジム初心者が持って行く用品まとめ

先日からジム通いして腹筋を割りたい!と考えているけど、中々思い通りにいきません。

ジムに行って気づいたのですが、ウォーキング時に購入した用品では足りない!ということが判明しました。

あれあったらいいのにとかこれって絶対必要じゃないか?と感じたことが多かった物を追加で買い揃えてみました。

なけなしの小遣いの中からの遣り繰りだったので、非常に痛いです。ただ、続けるモチベーション的には『物を買う』という行為で、少しはアップするんじゃないかとの判断で購入しました。

そんな30代メンズジム初心者が持って行く用品をまとめてみました。

スポンサーリンク

ジムと外出ウォーキングとの違い

一番の大きな違いは、寒さ・暑さです。それはそうですよね?外と違ってジム内はエアコン完備です。非常に過ごしやすく温度調整を行っています。

逆に外の場合は、夏場は暑く・冬場は寒いです。そのため、夏場なら速乾性・冬場なら防寒性重視の用意をする必要があります。

私も秋口~冬にかけてウォーキングを行っていたので、防寒対策ウェア等常備していました。

ジムの場合必要ありません。

減量目的で着るというのなら必要ですが、速乾性一本で十分です。というわけで、防寒目的のウェアは必要なくなりました。

アウトレットで買ってもらったんで、これからもずっと妻に無駄やん!もったいな!って言われ続けるでしょう。

他にお風呂がついているため、風呂セット(バスタオル・着替え等)を持っていく必要が出てきます。屋内なので、屋内ウォーキングシューズも必要です。

逆に共通しているものもあったので、その辺ふまえてジムに持っていく用品をまとめてみました。 

30代メンズジム用品一覧

速乾ウェア上下

ジムの場合、空調が効いているので速乾ウェア1択でいいです。

雨降らないのでレインコートもいらないですし、防寒性能が高いトレーニングウェアも必要ありません。

安さ・材質・速乾性この3点で選べば問題なしです。これにプラスアルファでデザイン性が付きますが、野郎にデザインも何もない気がします。

コードレスイヤホン

外のウォーキングでも重宝していた「QY7」コードレスイヤホンです。

コードレスといっても首にかけるタイプなので、コードはありますが通常のコードイヤホンと較べて、うっとおしさは雲泥の差です。 

今だとホントにコードがない耳せんタイプのイヤホンもあります。欲しいけど高くて手が出ないんですよね。

シューズインバック

新たに購入しました。シューズインバックです。

ゴルフやられる方であれば馴染みが深いかもしれませんが、ジムでも室内シューズがあるので私的には必須品です。

これがあるのとないのとで、バック内のごちゃごちゃ感が全然違います。

シューズが別枠でバックにインできるだけでこんなに違うの!?ってくらいの便利さです。

バックインバック

バックインバックって何?って方もいるかもしれませんので、説明しときます。

バックの中に入る小型バックです。そのままですね。これ何に使うかというと、ジム内で水筒・タオル・携帯といった小物を収めるために使用します。

手で持っていたら失くしそうですし、ビニール袋で持ったりしてもカッコ悪いですしね。いらない時は、大きいバックの中にしまえる便利グッズです。

バスタオル・タオル類

ジムに大浴場が付いているので、家のバスタオルを持参しています。

スポーツタオルでもいいですが、タオルも家のやつ持参でいいと思います。

なるべくお金をかけないようにしましょう!お金持ちなら良いタオル買いましょう。

水筒

こちらも節約用品水筒。洗いやすい・保温性抜群なステンレス製なら何でもいいと思います。直飲みタイプが、手間がかからず便利です。

「私はジムで買って飲む!」って方は必要ありません。

携帯・家の鍵といった小物

必ず家から持っていく小物です。バックインバックに突っ込んで携帯すれば問題なしです。

終わりに

外でウォーキングする時よりも、明らかに持ち物が増えました。

まぁ荷物重くなっても私の場合ジムまでの距離がしれているので、機能性・快適性重視の所持品になりました。

ジムまでの距離が遠いんだよ!って方は、必要最小限の荷物を持参してジムでタオル借りたり・飲み物買ったりするのもいいかもしれませんね。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー