2016/10/19

髭が濃い人におすすめの電気シェーバー・PanasonicラムダッシュES-LV56

ヒゲ濃い

朝の5分って結構貴重です。

朝食を取ったり、自分の着替えをやりつつ、子供の着替えを手伝ってやったり、見たい朝刊を目も通したい。男性であれば、こんな状況でもやらないとダメな洗顔・髭剃り。

私は髭が濃いので5分近くかかっていました。洗顔に関しては、自分なりの方法で時間短縮できますが、髭剃りに関しては中々難しい・・・

ちょっとでも油断すると時間ギリギリになったり、ひどいときはそり残しがあったり・・・

良い方法はないかと以前から色々考えてきたのですが、根本的な解決法はヒゲ脱毛くらいだと思います。でも、ヒゲ脱毛だと10万円以上は軽く飛ぶので、電気シェーバーを見直すことにしました。

結果、2分ちょっとでひげそりが終わるようになり、カミソリ負けもなくなりました。

朝の貴重な時間を確保してくれたシェーバーは、PanasonicラムダッシュES-LV56です。

スポンサーリンク

電気シェーバーを選ぶポイント  

シェーバー

電気シェーバーを選ぶ際のポイントって何でしょうか?

人それぞれあると思いますが、ヒゲが濃くて深剃りしたい方だと、どうしても『早く剃れる・カミソリ後の残らないもの』という点を重要視します。

以前に同メーカーのES-ST25を使用していて便利だったのですが、三枚羽でエントリーモデルのため中々深剃りできませんでした。無理にやると、肌を傷つけて肌トラブル頻発です。

おすすめ電気シェーバー比較表

深剃りできる・早く反れる・肌に優しいとなると、やはり各メーカーのハイエンドモデルです。以下は、3大メーカー(パナソニック・ブラウン・フィリップス)のおすすめ電気シェーバー比較表です。

 

パナソニック 

ES-LV5A

ブラウン

9040s

フィリップス

S9152/12

機種画像 

刃の枚数

5枚羽

4枚羽

3枚羽

フロートヘッド

密着トレースヘッド

密着3Dヘッド

輪郭検知テクノロジー

充電時間

60

60

60

駆動方式

往復式 往復式 回転式
 使用可能時間 14日間(1日1回3分) 16日間(1日1回3分) 16日間(1日1回3分)

重量

200g

200g

200g

自動洗浄抜きのモデルですが、水洗いでも十分綺麗になるので入れていません。

物は試しに海外製のブラウンとかも色々試してみたりもしました。ただ、どうも合わない・・・

日本人に合わせた仕様をもってきているのだと思うのですが、どうも駆動音が大きいのに剃り心地が悪く私には合いませんでした。やはり日本人の髭には、日本のメーカーです。

ラムダッシュ五枚刃

ES-LV56   

日本の髭剃りシェーバーメーカーですと、やはりPanasonic(パナソニック)です。

以前に私が使用していたES-ST25も同メーカーのものですが、剃り心地は良かったのですが3枚羽ということもあって、どうしても剃り味が落ちます。

髭が濃い自分には少し物足りませんでした。そういった経緯で海外製を手にとったのですが、やはりキッチリと剃りきれない・・・

少し値段をあげてみて、5枚羽シェーバーを採用してみることにしました。

ES-ST25のシリーズ後継で、5枚羽のES-LV56です。

何故Panasonicの後継機種なのか?というのは、ES-ST25が平均以上な出来だったのと先ほども書いた通り、海外製の駆動音の大きさの割に剃れなかったトラウマからです。

3枚羽タイプとの比較(メリット・デメリット)

5枚刃内容

メリットですが、5枚羽を購入したのは初めてしたが、3枚羽と明らかに剃り心地が違いました。

5枚羽(クイックスリット羽1枚・くせヒゲリフト刃2枚・フィニッシュ羽2枚)が絶妙に合わさって、くせヒゲだろうが何だろうが根こそぎ根本から取っていきます。

3枚から5枚になったメリットとして、密着面積が大きくなった分剃りやすくなったのと肌に非常に優しくなりました。

メンテナンスに関しても普段は水洗いで十分で、たまにハンドソープ等で洗う程度ですが綺麗になります。

デメリットとしては、明らかに価格が高いです。大体3倍程度価格が違います。1万前後で買えればいいのですが、限定セール以外5枚羽ではお目にかかったことがないです。

パナソニック電気シェーバー試し剃り

ハイエンドモデルだと2万円前後する高級品。

やはり試し剃りしてみたい!って方も多いのではないでしょうか?大阪にありますよ。パナソニックセンター大阪(グランフロント大阪)です。

壁一面にパナソニックのシェーバーがずらりと並んでいて、誓約書は書かされますが試し剃りできます。現行品に関しては、全てです。私もここでESシリーズの最新版を実際に剃ってみて、5枚羽を採用しました。

グランフロント大阪

まとめ

結果としては、三枚刃ES-STで5分くらいかかったのが、五枚刃ES-LV56導入で半分の2分で済むようになりました。先程も書いた通り肌が、カミソリ負けしなくなったのは嬉しい誤算です。

ヒゲの濃い方で3分くらいどうってことない、肌も丈夫!って方ならAmazon限定のES-ST21後継の3枚刃ES-AST2A。

朝の3分が惜しい、肌が敏感で優しく剃りたいって方は、最新のES-LV5Aor1世代前のES-LV56を選択した方がいいです。今なら1世代前と現役世代の売値が逆転しているので、断然ES-LV5Aですね。

中途半端に4枚刃は選ばない方がいいです。どっちつかずの器用貧乏になります。コスパor速さ+αかどちらかで選びましょう。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー