【DS216jレビュー】開封・組立て・初期セットアップまで写真付き

DS216j外箱

写真のバックアップ先として、NAS(DS216j)とおもいでばこで悩んでいた我が家。

結局NASを購入したのですが、現在順調に稼働中しております。

色々と試行錯誤しながらセットアップを行ったのですが、今回は、NAS本体とHDD(WD RED)開封から組立てまでをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

NAS(DS216j)

開封の儀

DS216j 中身1

箱を開けると小さい小箱みたいなNAS本体がお目見え。

小さいなぁとは思っていたのですが、思っていたよりもコンパクトな筐体です。

これで内臓HDD2つ入るのか?というレベルですが、入ります。

DS216j 中身2

箱から内容物を取り出しました。

右から筐体・電源ケーブル・LANケーブル・電源ケーブルコネクタ・HDDをNASにとめる留め具・薄い紙がインストールガイダンスです。

かなりコンパクトにまとまっています。

Ds216j組立

DS216j 内部筐体1

写真は、Ds216jの内部写真です。

蓋はスライド式になっていて、簡単に開けられます。

画面中央の空洞部分が、HDD挿入箇所になります。丁度2台入るような大きさです。

DS216j 内部筐体2

HDD挿入部分を外側から撮影した1枚。

ピンぼけしているので分かりづらいですが、外側からHDDをNASにとめる留め具でHDDを固定します。

ドライバー1本あれば簡単に装着可能です。

HDD中身

この時点でHDDを開封します。『WD RED』という商品ですが、Western Digital(以下WD)社という海外メーカー製です。

WDは、色々なHDDを発売していますが、REDタイプはNAS専用に開発された一品です。

NAS用というだけあって、連続使用・低温動作といったNASに求められる機能持ちです。

なおかつ、メーカーの3年保証付きなので、3年間は故障しても無償交換可能と至れり尽くせりのHDDです。

参考Western Digital 製ハードディスクのRMA保証を利用する方法

この他に個人用の『WD BLUE』・データセンター用『WD GOLD』といった多種多様なHDDを販売しています。

DS216j_内部筐体1-2

さきほどの内部写真の空洞部にコネクタ(赤丸部分)があり、そちらにHDDを差し込むだけでセッティング完了。

外側の黒い箇所に小さい留め具をドライバーで入れてとめます。ネジの頭が潰れないように小さいドライバーを用意しましょう。

組立後

DS216j HDD装着

組立後は片手で持てるレベルの大きさになります。

これをLAN近くに置いて、付属の有線LANケーブルでLANと接続します。

NASとLAN

組立はこれで終了です。ちなみに左はAir mac Extremeです。

初期セットアップ

CloudStationDriveのDSMインストール前 ようこそ

Webを使って、DS216jをコントロールするためのOS「DSM(DiskStation Manager)」をインストールします。

DS216jと同じネットワークに繋がれたパソコンからブラウザ( Internet Explore、rchromeなど)を開き、アドレスバーに下記のURLを入力します。どちらかでOK。

http://find.synology.com
http://diskstation:5000

入力すると冒頭のようこそ画面が出てくるので、設定を始めます。

CloudStationDriveのDSMインストール前 警告

セットアップボタンを押すと、HDD上のデータが消えますよと警告画面がでます。

そもそも何も入っていないので、OKボタンを押します。

CloudStationDriveのDSMインストール

DSMインストール画面に移ります。画面には10分程度と書かれていますが、通信速度によって変わります。私の場合、10分もかかりませんでした。

インストールが無事終わると、インストール完了画面が出て、引き続きアカウント作成を行います。

管理者アカウント

続いて管理者アカウントの登録画面です。

サーバー名:パソコンから利用するときのDS215jを識別する名前
管理者アカウント:DS215jを管理するアカウントを設定

どちらも任意で設定できます。

パスワードに関しては、万一を考えて1passwordみたいなアプリを使用して、分かりづらいパスワードを付けましょう。

DiskStation推奨パッケージインストール画面

無事ログインすると、DSM上で使用するおすすめアプリをインストールするか聞いてきます。

容量的にたいした容量でないので、インストールしておいて問題ありません。

CloudStationDriveのインストール完了

インストール完了しました。これで初期設定完了です。

コントロールパネル

ログインするとウィンドウズみたいな画面が出てきます。

左上のこれまたウィンドウズみたいなロゴをクリックするとコントロールパネルが出てきます。直観的に動かしい作りで非常に操作しやすいです。

まとめ

簡単にできる

開封・組立て・初期セットアップまで解説してきましたが、NAS初心者でも全然導入できる簡単さです。

写真・動画・ExcelWordといったファイル・監視カメラも連動して付けれるという用途の広さが魅力的な1台になっています。

静音性能・耐熱性能共に優れていて、通風性の悪い場所に置いていてもヒートアップもしませんし、音も非常に静かです。

RAID2重化も簡単にできるので、大切なデータ保存場所としても十二分に働いてくれています。

非常におすすめ度の高い1台です。