2016/04/21

食費を現金払いからクレジットカード払いに移行!クレジットカード生活突入します

supa

昨年迄はいつもニコニコ現金払いだったのですが、『クレジットカード(以下クレカ)の魔力』に引き込まれて、本年度からクレカ生活をやってみることになりました。

その一環での現金払いのメイン「食費」も全てクレカ払いにしよう!と一念発起。

現在全ての食費支払いをクレカ払いにしました。クレカ払いにして半月メリット・デメリット踏まえつつ「食費」クレカ生活を報告します。

※情報が古くなっています。最新保有状況は、以下のリンク参照下さい

参考最新のクレジットカード保有状況

スポンサーリンク

食費クレカ払いの注意点

食費を全てクレカにしよう!とした所、色々と注意することが出てきました。その辺の所をまず報告します。

  • ブランド名の選定

まず一点目ですが、クレカのブランド名です。主だったクレカブランドとしては、『VISA・JCB・マスターカード・アメックス』等があります。この辺のブランドならどこのスーパーでも使えますって言いたいのですが、使えません。

ここは個人的な感覚になりますが、『VISA』の一択です。JCBメインで最初考えていたのですが、JCBってスーパー対象外が多いです。(私の周りのスーパー限定かもしれません。JCBさん間違っていたらすいません)

  • 支払いカードの統一化

昨日はAのカード・今日はBのカードってやっていたらポイントバラバラなりますし、どのカードでいくら使ったか分からなくなります。ここは1つのクレカだけでまとめちゃいました。夫と妻2人分をです。

クレカ2枚いるなというご指摘ごもっともです。このハードル灯台元暮らしなのですが、私にはハードル高かったです。2人分のクレカがいるけど、ポイント纏めたい・支払口座も纏めたい・・・。そうです!家族カードの導入です。

  •  3年会費無料系のクレカ

食費でポイントゲットしてクレカ年会費払うとなると本末転倒ですので、年会費無料系のクレカから高ポイントタイプのクレカ選択をしました。

私の選んだ食費専用クレジットカード

creca

上記3点『ブランドVISA・家族カード・年会費無料』を考慮して、クレカの選定をしました。私の選んだカードはREXカードです。

クレカ高還元率会社ジャックスの2015年1~3月アクセスランキング1位カードです。

REXカードの年会費条件は、以下の通りとなっています。

本人会員 : 初年度無料 / 次年度以降条件付無料
家族会員 : 本人会員が入会初年度の場合に限り無料 / 次年度以降条件付無料

※前年度のカードショッピングご利用合計金額が50万円以上の場合、本人・家族会員ともに次年度は無料となります。
50万円未満の場合は、次年度年会費として本人会員2,500円+消費税・家族会員1名あたり400円+消費税をご請求させていただきます。

REXHP引用

このカードでしたら普通に使うだけで1.75%のポイント還元。ポイントの使い道もJデポというカードショッピングご利用金額から、Jデポ金額を差し引けるシステムがあります。要は、『ポイント分をお買い物価格から実質値引き』できます。食品購入した分全て1.75%常時値引きされるイメージです。

初年度年会費無料・2年目から前年度50万ショッピング使用が無いと、本人会員2,500円+消費税・家族会員1名あたり400円+消費税分3,000円程度が必要になります。

無料じゃないじゃないかとご指摘があるかもしれませんが、よく考えてみて下さい。月間の食費額どれくらいいきますか?家族持ちなら30,000程度軽くいきませんか?(独身の方すいません・・・)

食費だけで単純計算で36万円。残り14万です。月換算で20,000円使用すればクリアできます。そう考えるといいカードだと思います。

年会費縛りが気なる方は、REX CARD Liteという手もあります。こちらは1.25%ポイント還元と還元率落ちますが、年会費無料となっています。

クレカ払いにしたメリット

  1. キャッシュレス!これにつきます。小銭をイチイチ出す手間を省けるだけで、レジでの爽快感が全然違います。
  2. 家計簿マネーフォワード で管理していれば、クレカ使用明細は自動記帳してもらえます。記帳する手間が省けます。

クレカ払いのデメリット

マネーフォワードでクレカ払いにすると金額反映が遅いので、仮勘定で手入力しておいてやる必要あります。

手入力分をクレカ発生分と都度相殺してやるイメージです。面倒な方で半月程度なら待てるって方は放置でも可能です。特にジャックス系のクレカは、マネーフォワードへの反映が遅いです。

まとめ

jump-493889_1280

先日も書いた通り、FP家計簿からマネーフォワードへ移行したため、クレカ払いのメリット(マネーフォワードへの自動記帳)を最大限引き出せるようになりました。

参考資産管理ソフト「マネーフォワード」1度辞めた理由と戻った理由

常時1.75%引きで食料品が買えるクレカはあまり見当たりません。(実質値引きはありますが、ポイント使用が限定されるものが多いです。キャッシュと同等ではREXカードはかなりの高還元クレカです)

やらず嫌いしていましたが、やると結構快適でポイントも溜まります。年間36万食費計算で約6,000円値引きです。暫くは、「食費」クレカ生活続けていくつもりです。

※現在はREXカードを使用してません。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー