2015/11/06

病院選び 自分で失敗しないようにした方法・結果をご紹介します

おはようございます。たろです。 かなり前に盲腸になった手術ネタを記事にさせてもらったのですが、その際にどうやって病院を選んだかをご紹介します。

盲腸って手術的に大したことないんですが、噂ではその盲腸でもやぶ医者にかかれば死亡するそうです。命に関わることで失敗したくないですよね? 今回は、私が入院前にやった『失敗しない病院選び』をご紹介します。

スポンサーリンク

情報収集方法

まず事前に情報収集しましょう。 インターネットやテレビとかで情報は無尽蔵に溢れています。私が取った情報収集方法は4点です。

1.一次情報を大切にする

ごくたまに病院に救急で行く時ないですか?私の場合入院迄はいかないけど、比較的軽傷な状態の時に目ぼしい病院にツバをつけに受診しに行っていました。

幸か不幸か診療所から大きな病院へ紹介書を書いてもらって受診する機会があったので、その病院の診療具合や混み具合・雰囲気といったものを事前調査できていました。 入院はしたことなかったですが、自分で体験した出来事(一次情報)は一番大事です。

後、他人のお見舞いは機会があれば積極的にやって下さい。行って見るだけでも全然情報のレベルが違います。ナースステーション・入院患者さん・トイレといった場所。クリーンネスとかをチェックできます。

そんな機会ないって方は、入院する際に一度目ぼしい病院をフラっと見学してみてはいかがでしょうか。  

2.過去に入院した人からの事情聴取

一次情報の次に信頼できる情報です。一次情報が一番信頼がおけますが、入院とかしたことや受診したことない人には無理です。

一次がダメとなると二次情報しかありません。ただし!信頼に足る人物からの情報に限ります。親族レベルが一番いいですが、いない場合は親友レベルの人に聞いてみましょう。

「入院するんだけど・・・」って聞くと重くなるので、自然に病院話に持っていくのがいいでしょう。高齢の上司とかだと案外1回・2回は入院している事が多いです。  

3.ネットで検索

今流行りのネット検索です。 『病院評判』とかで検索すると山ほど出てきます。私の場合は、一次・二次情報で総合的に判断した後、お目当ての病院目当てで検索をかけまくりました。

大体評判が良かったので、ほぼこの段階で決定しました。 検索したサイトはこちらです。色々な病院を検索できます。

病院の評判やランキングも!- 病院口コミ検索サイト【Caloo・カルー】

 

4.本で検索

病院の待合いとかで時間潰していると『評判病院ランキング』とかって雑誌ありませんか? 実地調査してまとめた本とかもあって、お金かかっているなと印象深い本もありました。

周りに情報提供者があまりいない場合は、参考にされてはどうでしょうか?

2つの紹介

大体これだ!という病院は診療所の紹介書がいります。診療所もある程度こちらの要望を聞いてくれますが、キチンと「○○病院の紹介書を書いて下さい!」と主張しないと提携先に回される可能性が高くなります。

私も回されかけましたので、過去に受診歴有りと強引に主張しました。こういう時も受診しているという強みが発揮されます。 もう1つの紹介はできる方とできない方がいます。

病院上層部の紹介です。 私もやったことはないですが、知り合いに病院上層部と付き合いがある患者さんがいて、その方のお見舞いに行ったら色々と待遇が違うと教えてもらえました。

代議士とか名士の方ならできるんでしょうが、一般人は厳しいです。直接は難しいかもしれませんが、親族の中にそういう方がいたり、親友がそういう人だったりする場合はダメ元で頼んでみましょう。 案外、紹介してくれる方がいるかもしれません。  

余談:お気持ちについて

入院した後でこれについては賛否両論あるのですが、やれるならやった方がいい派です。 やはりお医者さんも人です。若い方は取られない方が多いですが、部長クラスの高齢の方だと取られる方もまだいるみたいです。

用意だけはして行って、コソッと渡してみてはどうでしょうか?長期入院の場合は、看護士さんに差し入れとかもやった方がいいらしいです。日常の看護が全然違うらしいです。(長期入院者からの情報)  

まとめと結果

失敗しない病院選びのコツは、まずは一次情報。そして次にできるだけ近い人からの二次情報をメディア(ネット・本等)で突き合わせしてみるです。

娘の入院先もこの方法であらかじめ決めていました。イメージと少し違いましたが、十二分な看護を受けられました。 私の盲腸の結果は、イメージ通りでした。入院体験記はこちらから。

【盲腸手術体験記】初手術!盲腸切ったらこんな感じでした。

飛び込み入院が一番当たりハズレ激しいので、キチンと調べて入院しましょう!

おしまい