2015/09/27

ブログ1周年!1年間続けられたコツは◯◯◯◯◯でした

2014.9.8

2014年9月8日3セッション10PV

丁度1年前にWordPressを初めて、グーグルアナリティクスで計測しだした日の結果です。

2015.9.8

2015年9月8日1,760セッション2,477PV

1年間ブログを続けて同月同日に計測した結果です。セッション590倍・PVで240倍1年間続けた成果がこれだと少ないのかもしれません。

2014-2015

1年間253,211セッション340,620PV

総PVで34万弱なので、これを1ヶ月で叩き出すブロガーさんもかなりの数いてらっしゃいます。ただ、1年間ずっと続けられたというのは、自分を素直に褒めてあげたいです。

何でもかんでも3日坊主で終わっていた自分としては、その約120倍365日を続けられました。じゃあどうやって1周年も長い期間ブログを続けてこられたのか?

その答えは『マイペース』です。

スポンサーリンク

続けられた3つのコツ

マイペースと言っても自分勝手を思い浮かべますが、そうではなく自分にあった一番やり易い方法でブログと向き合うという意味です。自分に合ったコツと言い換えた方がいいかもしれません。

そんな1年続けられたコツ3つをご紹介します。

コツその1:更新頻度を適度に調整

『1年間365日更新!』私もこれを目指していました。同期のブロガーさんでも、これを実践されている方は多々見受けられます。内容薄い記事を毎日というわけでなく、内容濃い記事を365日です。

同じブログを続けている者から言わせてもらうと「ホント凄い」です。

記事が出てくるのは表の部分です。裏では下調べしたり、写真を探してきたり、構成変更したりと馬鹿みたいに時間が掛かっています。まさしく白鳥です。優雅に泳いでいるように見えて、水面下では足掻きまくっています。

学生とかなら分からないでもないのですが、どう見ても社会人の方がやっているブログを多数見かけます。休日に書き溜めるといっても時間に限りがあります。平日夜もブログに時間を削っているのが想像つきます。

見合う対価はあるのでしょうが、『ブログが好き』でないとここまで出来ません。私も同じようなものですが、大分頻度を落としました。

3ヶ月毎日更新→9ヶ月2日毎更新→1年経過週3更新です。

勿論『ブログが好き』なんですが、身を削る覚悟が伴っていないヘタレ加減が出ています。聞こえが良く言うと、適度に更新頻度を調整(落として)していきました。1ヶ月を30日として、1月の記事数でいうと30→15→12です。

体感論としてバズる記事を書けないと仮定すると、更新頻度を落とすのはあまりオススメしません。〈ちなみに本ブログは1回もバズったことありません〉目に見えてPV停滞or微減します。

オススメしませんが、『ブログ辞める』よりは断然イイです。

あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

引用:スラムダンク

この言葉ひとり歩き感している所がありますが、私は好きです。

ブログも辞めたら、そこで終わりです。

1×1.1を無限に掛け算すると途方も無い数字になりますが、1に0を掛け続けても0のままです。ブログが嫌いにならない程度にこれからも更新し続けます。

コツその2:ジャンルを絞らない

本ブログは、ジャンルを絞らずに書く雑多ブログというジャンルです。

基本的にジャンルを絞って書くのがSEO的にもユーザー的にも優しいはずです。ただ更新し続ける前提に考えると、非常にハードルが高くなります。

当ブログもWordPress導入前は『投資ブログ』というジャンルに属していました。が!毛の生えたような投資知識だけでは続きようもなく、毎日のトレード実績を書いたりして一喜一憂するだけの記事を書き続けていました。

そんなブログにアクセスが集まるわけもなく、自分も消耗してしまう日々・・・

これでは続きません。投資ジャンルでやるなら銘柄分析、投資スタンス、投資指標の説明といったことを書いたりし続ける必要があります。これができないと判断しました。

じゃあ何を書くか?何でも書いてみました。

子育て・書評・投資・ゴルフ・観光etc・・・縛りを外すとネタはあらゆる所に転がっています。後は書くか書かないか?それだけです。

コツその3:体験したものメインで書く

基本的に体験したものだけを書くようにしています。

  •  ◯◯に行った時の体験
  •  読書感想
  •  買った物を使ったレビュー

こういった体験メインに書いていると、物・サービス記事といったものは他ブログと重複する可能性があります。ただ、物は被っても表現は千差万別です。人によって表現に差が出ます。

だから、◯◯というブログが同じ物・サービス紹介しているし辞めようかなとも思いません。丸々同じ表現しかできないってことはないはず?です。もちろん、こういったコツを使っても続かない場合も多々あります。

書くことない・書く時間がない・体験がない

ないない尽くしですが、こういう方多くいらっしゃいます。とはいえ、ここに書いたコツを利用すれば、こういった『ない』に対しても応用が効きます。

書く時間がない・・・週1更新でもまず続けましょう

書くことない・・・本当にありませんか?周りにネタ転がりまくっていますよ

体験がない・・・今も息吸って吐いていますよね?

終わりに

昔に1回書きましたが、3日・30日・3ヶ月・3年この辺が何事も辞める人が多いそうです。ここに書いた続けられたコツは基本的なことばかりなのですが、出来なくて辞める方も多いので、1周年ということもあり書いてみました。

ブログはかくあるべし!というブログ論も多いのですが、あんまり肩肘張っていると続きません。『マイペース』が一番です。

2歳の誕生日もお祝いできるように更新気張りすぎず頑張っていきます!

おしまい

 

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー